スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックマーケット77の記録その3

どうもこんばんわ、アルティメット☆ルイルイです。
絵完成したよー!

10-1-1-4.jpg

この絵は塗りも僕ですね、やはり相方には及ばない。。。
がんばるぞー!
ということで、今年もよろしくおねがいします!


では前回の続き。
折りたたみです。


折りたたみここから

前回のあらすじ
コミックマーケット初参加にテンションのあがった紳士は
コスプレすると言い放ち更衣室まで行くも
装備をわすれ、泣きながら撤退することになった。
だがそれは波乱の始まりに過ぎなかったのだ・・・。


紳士「こいつ・・・、勃たな、立たない・・・だと・・・!」
リ友「ふにゃってやがる・・・、だめだ、支えきれない!」

なんだか危ない会話をしながらも、本格的にあせる僕とリア友。
時間がなかった。

木の棒をガムテでくくりつける。
この作業に意外と時間がかかったのだ。
おかげであまり時間が残っていない。
だというのにその木の棒は、上部にとりつけた「ポスターペラペラするの防止用ダンボール」
の重みに耐え切れず、倒れてしまうのだ。

困った、これは困った。
これではポスターがかかげられないではないか・・・。
隣のサークルに迷惑かかってるし・・・。
すいませんすいません・・・。

あ。
なら短くすればいいんじゃね?
そうすりゃ迷惑かかんないし、短くした分上部の重みが減る!

だが、短くするということは、ポスターの位置が低くなるということ。
つまり・・・、目立ち度が下がるということだ。

それでも背に腹は変えられない。
いざ、木の棒を分解せよ。

・・・。
ガムテがしっかり張り付いてる・・・だと・・・。
三重にも巻いたガムテが、己の仕事を果たさんとしていた。
絶対に放すまいと。

こら、いまは違うんだよ、はなれてくれよ。
だが離れない。
そうして格闘の末にはがされたガムテさんだが、その代償は大きかった。
時間が、迫ってきたのだ。

本格的にやばい。
アレがきたら間に合わない。
いや正確には間に合う。
だが、アレが来た後にポスターを設置する作業をしていたら
今以上にほかサークルに迷惑がかかる上にポスターの目的が損なわれる。

ポスターは、アレのためにだってあるんだから。
そう、アレとは。
怒涛の戦闘集団、「海鮮(買い物専門)」の方々の、戦歌を奏でる足音だ。

あれがくるまでに完成させなければ。

二人係でなんとかダンボールにガムテで木の足を固定する。
うまくいかない。
どうしたものか。

「これ。つかえるんじゃないか」
僕が指差したのは、僕自身が持ってきたカバン。
頑丈だった。
これならさらに支えを強化できる。

僕らはそれを、足を支えていたダンボールのさらに上におき、地盤を固定する

・・・たった。
ポスターが、たった!!!

やった、やったよ、ついにポスターがたったよ!
やったー!!

見た目はひどい。
ガムテを何度も張りなおしてボロボロになったダンボールが下に。
その上に普通のカバンが乗っかり、その左右を木の棒がはさむ形で完成していた。

ふらつきはあるものの、それでも自立しているその姿は、感動ものだった。

見せるべきはポスター。
下の支えの部分ならいすと机で隠せる。
いける、いける。

僕らはついに自立したポスターを見上げ喜び、そうしてあの音を待つのだった・・・。

待つこと数分。
拍手とともにコミックマーケット77、二日目が始まった。

最初に動き出したのは、やはりチケ組。
ゆうゆうのらりと大手を買ってゆくその姿は、徹夜や始発では到底勝てないほどの余裕を見せていた。
くそ、こんな余裕なのかチケ組は・・・。

もちろん彼らは、僕らのサークルスペースなんか見向きもしない。
そりゃそうだろう、チケット持ってるのに嶋中サークルに来るほうがもったいない。

さて、開幕から二十分がたった頃だろうか。
既に会場は、徹夜と始発組の軍勢により超満員。

そんな中、最初に我がスペースに来てくださった方は、机においてあったポスカとしおりをみて
「これ、いくらですか?」と聞いてきた。
すいません、本とセットなんです。そう答えると、すぐにその方は去ってしまった。
あぁ、今思えばこのとき、それだけでも渡してあげればよかった。。。orz
と、多少後悔。

その後、通りすがりのにーさんが、一冊目を買っていってくれた。
コミケで同人誌が売れることがこんなにも嬉しいとは。。。と思いつつ
濁流のようにおしよせる人の波をみつめる。

もちろん、開幕直後だ、みんな大手へ向かっていた。
僕らはのんびりとその光景を見つめつつ、ちまちまうれていく同人誌を微笑ましく思っていた。

11時ごろの時点での伸び率はあまり芳しいものではなかった。
だがまだこの時間だ、みんな大手へいっている。
そう思って心を落ち着かせる。

途中、知り合いの方が挨拶に来てくれた。
前回の東方崇敬祭のときにあった方もいたし、今回初めての人もいた。
きてくれてありがと。

驚いたのは、全く知らない方が僕のスペースを訪れて、こういってくれたことだ。

「幽香くれ・・・でしたっけ?///」

すっげー感動した。
宣言どおり、両手に持って頭下げながら、僕は幽香を渡した。
ちなみに、言ってくれたのはこの方一人のみでした。
だからなんかすごい印象に残ってる。
ありがと!

正午を迎える頃には、やっと人も落ち着いてきた。
なんとか向こう岸が見える、程度だったが・・・。

我れらが文ちゃん本は、みなさんのおかげで本当に好調。
嬉しくてテンションあがった。

そして又一難。
しおりとポスカを運ぶ運動が、ものすごい腰に負荷をかけることが判明した。
きしむ腰。
そういえばこれ、リョウちゃんもめっちゃがんばってたよね、腰大丈夫でしょうか・・・

僕は元々腰痛持ちなため、かなり答えた。
救援に来てくれた知り合いや、売り子のリアともに表を任せ、
腰の痛みのために僕は後ろに下がる。

とほほ、おじーちゃんでもないのに、腰の痛みで休憩してしまうとは情けない・・・。
助けてくれた皆ありがとう、ありがとう。


ふい、つかれた。
次でラストかな、今日はおわりでっす。
長いけどまたよろしく!




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

文はけっこう売れて凄かったねw
でも幽香は・・・・
絵完成おつ~   
プロフィール

あるてぃめっと☆るいるい

Name:あるてぃめっと☆るいるい
***
物語とか絵とかゲームとか、
色々つくることが大好きです。
基本は文章書き。

2014年4月以降で現在お仕事募集中です。
お気軽にご相談ください。
安くて早くて安心ね! を目標に。
メールのレスポンスは超早いです。

連絡先は以下です。
bagarana☆yahoo.co.jp
(☆を@に)

Twitterはこちら→Ul_Rui_Rui
(たぶんコレが一番頻度高いです。
 細かい情報は全部ここで済ませてたりする)

ニコニコ生放送もやってます
コミュ→co15316

よかったらみてやってくださいまし

以下は僕のpixivですわー



↓シナリオライターやりました↓
【おしかけ奴隷!?】応援バナー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンターまわれまわれぐーるぐる
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。